オーダーメイド

お送りいただくデータ形式

オーダメイドには、下記の2通りがあります。
①3Dプリンタ用のデータをいただく方法
②3Dの中間データをいただく方法
 
どちらでも3D模型に出力できますが、費用が異なります。いただくデータ形式については、下記をご参照ください。

①3Dプリンタ用データをいただく方法
 3Dプリンタに出力するだけ作業になりますので、最も安価となる方法です。
いただくデータのフォーマットは、下記でお願いします。
zbd,zpr,stl,wrl,ply
②3Dの中間データをいただく方法
3Dプリンタ用のデータに加工する必要があり、この作業の費用を別途いただくことになります。いただくデータのフォーマットは、下記になります。
grd,adf,sid,jcw,catd,ddf,tif,dem,
dxf,dwg,txt,csv,sim
例えば、等高線の3次元CADデータ(dxfやdwgなど)をいただいた場合、この等高線の端点座標を用いて3次元の面データに変換します。さらに、その地形面に空中写真を貼り付けると、迫力のある地形模型が作成できますので、空中写真を送付いただき、座標をお知らせください。空中写真のファイル形式は、JPG,TIFF,BMP,PNGなどでお願いします。

費用

項目 単価(税抜)
基本料金 90円/g~
オプ
ション
3D模型用データ作成費 +20,000円~
会社ロゴなど +5,000円~
スケール +10,000円~
構造物追加
(建物や擁壁など)
別途お見積
その他作業 別途お見積

オーダーメイドの基本料金は、90円/g(税抜)です。
模型の重量に比例します。材料費が高価なため、そのような単価設定にしています。
※価格は予告なく変更することがございます。ご了承ください。

 

模型の軽量化

オーダメイドの費用は、模型の重量に比例します。材料費が高価なため、そのような単価設定にしています。当社は、費用を抑えるため、標準で模型の中を空洞にし、軽量化に努めています。なお、空洞化にすることで、模型落下時などの衝撃に弱くなります。空洞にしたくない場合は、必ずお知らせください。
 

オプション

模型側面の余白部分に会社のロゴや標高、縮尺などが追加できます(有料)。
 

ドローンで撮った空中写真が3D模型になります!

i-Constructionの取組みに伴い、ドローンによる写真測量が実用化されています。
3次元地形データがあれば、3D模型が簡単に作成できます。当社へデータをお送りいただければ、3D模型を作成します。住民説明や災害時の情報共有、技術提案などにご利用ください。